京都レントオールTOP > 餅つき大会

「餅つき」 に必要なレンタル商品

餅つきセット …餅つきに必要な道具がひとまとめになったお得なレンタルセットです
【セット内容】
・ 石うす
・ うす台
・ きね×2本(大・小)
・ おくどさん(ちんからかまど)
・ お釜
・ バーナー
LPガスはセットには含まれていません
※もち米専用の蒸し布を、ご用意できます。(別料金

こちらもオススメです

■ もち箱 ■ もち樽 ■ 電気もちつき機
   
寸法 : 650×450×(H)80mm 寸法 : Φ550(内寸) ●1升用
 消費電力 : 600W
積み重ね出来ます。 ※もち米を一晩水に漬けておくのに
ご使用ください。
●2升用
 消費電力 : 830W


「もちつき」の仕方

     前日の準備

 ○もち米をとぎ、一晩、水につけておく

 ○杵の先を水につけておく。
   (杵の先が乾燥していると木片がかけ、餅に入ってしまいます。)

     当日の準備

 ○お釜にお湯をわかす

 ○もち米を大ザルにあげ、水を切る(約1時間前)。

 ○石うすにお湯をはり、温める。
     もち米を蒸す 

 ○釜にお湯をはり(7~8分程度)、沸騰させる。
  ※釜を空焚きしないように注意して下さい。釜が抜ける事があります。

 ○セイロに蒸し布(もち米専用)を敷き、1ウス分のもち米を入れる(1升5合~2升程度)。
  もち米を蒸し布でくるむ。

 ○約30分から45分程度で、一番下のセイロから蒸し上がる。
  (2段目のセイロからは、約半分程度の時間で蒸し上がる。)
  指先でつぶして、芯が残っていなければOK
 
     もち を つく

 ○石うすのお湯を捨てる。蒸し上がったもち米を石うすに移す。

 ○杵でもち米をこねる。

 ○杵について持ち上がる程度の粘りがでたら、つき始める。
   杵にもちが付くようになったらお湯で湿らせる。

 ○返し手はぬるま湯で手を湿しながら、もちを折り返して中心に集める。

 ○もちをひっくり返して、粒が無くなり、なめらかになれば出来上がり。
 
     石うす ・ 杵の片付け

 ○石うすと杵はつき終わったら、お湯とたわしですぐに洗って下さい。
   (時間が経つと固まります)

 ○固まった時はお湯につけてから、洗ってください。
ご不明な点はメールまたはお電話にてお問合せください(メールフォームはこちら
京都レントオールTOP > 餅つき大会



京都の便利なレンタルショップです。

 〒602-8448 京都市上京区今出川通大宮西入元北小路町176番地
TEL 075(432)0199
FAX 075(432)0180


Copyright(c)2010 kyoto-rentall.com All Rights Reserved.