TSAロックとは?

 

 

TSAイメージ写真

TSAロック(ティーエスエー(ティエスエイ)ロック)とは、

Transportation Security Administration (米国運輸保安庁)より 認定を受けた、旅具等に備えられた施錠機構の総称です。



米国の旅行者への厳重なセキュリティチェック
9.11のアメリカ同時多発テロ事件以降、出入国者の荷物の保安検査が大幅に強化されました。米国領土(ハワイ・グアム・サイパン諸島を含む)において渡航する際の手荷物・預け入れ荷物は、TSA係官が内検することTSA係官の権限によって施錠された荷物等はその鍵機構を破壊することが認められています。また破壊されてもその補償は一切ありません。



やっぱり施錠して荷物を預けたい!

TSAロック機能が装備された荷物・錠前等はたとえ持ち主が施錠してあってもTSA係官は専用の合鍵を使用して鍵機構を破壊することなく自由に開錠して荷物の中身を検査することができます。検査後は元通りに施錠されます。したがってTSAロック機構のついた旅具を使用することで米国から出航する航空機への預け入れ時にも施錠したままで渡すことができます。



行き先がアメリカ圏ならTSAは必要

米国旅行はアメリカ本土のみとは限りません。下記の渡航先ではTSAロック付きのスーツケースが安全・安心です。

 

  • ・ハワイ
  • ・グアム
  • ・サイパン
  • ・アラスカ
  • ・その他アメリカ領のエリア


※TSAロック付きのスーツケースをレンタルする → こちらをご覧ください
スーツケース